INFORMATIONお知らせ

第10回『臨床研究セミナー トピックス編(基礎編)』:臨床現場で実施する観察研究について考える

    2024.1.16 [Tue] 15:14 UPDATE

    『臨床研究セミナー トピックス編(基礎編)』

     開催日時 :  令和6年1月16日(火)  17:00~18:00    

     申込(事前申込のみ):令和6年1月9日(火)13時~令和6年1月16日(火)17時まで

     会場   :  Web (Zoom)

     形式   : 当日のみライブ形式※ ※翌平日(1/17)より2週間オンデマンド配信を予定

     テーマ     : 『臨床現場で実施する観察研究について考える』

     講 師  : 奈良県立医科大学 疫学・予防医学 教授

                     佐伯 圭吾  先生

     

     内  容    : 臨床現場において、既存データを用いた横断研究や、歴史的コホート研究は、

            研究課題の発見や、仮説の立案に有用である。さらに、新たな対象者を登録して

                    観察する前向きコホート研究や、コホート内症例対照研究によって多くの有用な

                    知見が報告されている。診療現場で実施できる観察研究の基本的な構造や、

               研究実施や分析における注意点などについてお話したいと考えています。

     

    申込はこちらから↓

    ■公開URL:https://www.naranet.site/

    ■セミナー受講サイトマニュアルはこちら から

    <注意事項>

    ・新規で受講される方はユーザー登録https://www.nmu-seminar.live/login/を忘れずに行ってください。

    ・受講証の発行については、申込サイトに記載されておりますのでご確認ください。

     

    BACK